私の過去と今の気持ち小学6年生の頃、美化委員会委員長…

むーむ

12歳

2024年4月24日 16:17

29

私の過去と今の気持ち 小学6年生の頃、美化委員会委員長としての責任感のある仕事を持ち、不安や恐怖を感じながらも笑顔で支えてくれる友達や、美化委員会担当の先生と共に楽しく学校生活を送っていました。しかし、その年のGW明け、毎日のように体調を崩し、毎日、毎回保健室通いしていました。そこから、7月。伝統行事である和太鼓の練習が始まりました。毎回毎回、太鼓の先生に怒られ、泣きながら練習に出ていました。担任からは今日も保健室行くの?などと口々に言われ、親にも気持ちをわかってもらえず死にたくなりながら日々を過ごしていました。冬休み前、ふと、私は意識が飛び、気づいたら廊下で倒れていて膝の皿がずれていました。 怖い。死にたいと思いながら流れに流されるままに救急車沙汰で病院へ運ばれました。周りからは変な噂まで立てられ、親にはバカにされ、辛い中過ごしていたある日、みんなは体育へ行って、私は教室で1人でした。そこで思いました。「死にたいな」そうして、危ないからという理由で禁止されている学校のベランダに出て気づいたら自殺しようとしていました。しかし、その間記憶が曖昧だったため、戸惑いながらも教室へ戻りました。そのように何度か自殺未遂を繰り返してしまった最後の小学校生活でした。 中学校へ入学し、勉強内容も少しむずかしくなり、自分が男性恐怖症ながらも周りが男子しかなかったため恐怖感を抱いていました。 中学卒業するまでには死のうと思っています。 生きててごめんなさい。 最後まで読んでくださりありがとうございました。 きっとここのアプリはずっと使い続けます。しかし、中学卒業までに自殺していたら、何度自殺未遂を繰り返すのか。 これから先、生きていけるのか。怖くて、怖くて、辛くて、死にたくて、こんな自分も馬鹿みたいで。 生きててごめんなさい。

ブロック
投稿通報
ユーザー通報
メールを送る
0共感した

コメント一覧(2件)

新着の投稿