きいてカウンセラーのボランティアを募集します【SNSカウンセリング】

きいてについて

悩みや愚痴の相談サービス「きいて」は、投稿された内容に共感やコメントをしていただくきいてカウンセラーを募集しています。

悩みや愚痴の相談サービスきいて

悩みを抱えている人の助けになりたい

死にたい、孤独だ、悲しい気持ちになった…

人にはいろいろな悩みがあって、今現在もどこかでツラい思いをしている人がたくさんいます。

悩みの種類や不安の感じ方はそれぞれ違うため問題を直接解決することは大変ですが、心が疲れている人の不安やモヤモヤを少しだけ軽減させることは可能です。

その方法のひとつが人に悩みを聴いてもらうこと。自分ひとりだと不安な感情でいっぱいになっていても、その気持ちや状況を誰かに話すだけで心が軽くなることがあります。

カウンセリングに行って専門家に話を聴いてもらうことが有効ですが、なかなか気軽にカウンセリングには行けないと感じる人もいるでしょう。

そんな人のために悩み相談サービス「きいて」があります。

自分が抱えている不安やモヤモヤを文字にして投稿し、それを見た誰かが共感したりコメントしたりして聴いてくれる。そのようなシステムを作り悩みを抱えている人の助けになりたいとの想いで「きいて」が運営されています。

きいては完全に無料で利用できる悩み相談サービスとして2021年からサービスが開始しました。SNSカウンセリングの新しい形態として、すべての利用者に安心できる居場所を提供していきたいと考えています。

 

SNSカウンセリングとは

LINEやウェブツールを利用してチャット形式で悩み相談をする仕組みは、SNSカウンセリング(SNS相談)と呼ばれています。

カウンセリングといえば、病院の心療内科でおこなうカウンセリング(対面カウンセリング)が一般的です。いのちの電話のように電話を使って悩み相談ができる電話相談もカウンセリングの一形態として普及しています。しかしカウンセリングに行くのは心理的ハードルが高いと感じる人もいて、また通話をするよりもチャットなどのメッセージでやり取りをする人が増えてきたという社会的な背景から、近年では新しい悩み相談のフォーマットであるSNSカウンセリングが注目されています。

現在もっとも多いSNSカウンセリングのフォーマットは、LINEを利用して、専門の相談員(カウンセラー)が1対1で、50分程度メッセージのやり取りをすることで悩みを相談する形式です。

SNSカウンセリングはスマホがあれば誰でも利用でき、テキストでのやり取りなので対面カウンセリングや電話相談よりも利用のハードルが低く、限られた時間の中でも相談員としっかりコミュニケーションができるため、相談者の心を軽くするための心理カウンセリングとして効果が認められています。

チャット相談をしたいと考える人がたくさんいる一方で、1体1のやり取りが基本なので常に専門の相談員が不足している状況であり、相談したい人がいても繋がらないという問題が発生しています。もし仮に重大な緊急の悩みを抱えている人が相談しようと思い立ったとき、誰とも繋がらない可能性があるというのは大きな問題です。

そうした人の助けになるために、SNSカウンセリングの新しい形態として「きいて」があります。きいては掲示板形式とチャット形式の複合型となっており、基本的には悩みを投稿して、不特定多数の人からコメントをもらうことで「話を聴いてもらう」仕組みです。相談員と1対1で話す形式では必ず人員不足になってしまうと考えられるため、カウンセラーも一般の人も、誰でも相談できて誰でも相談に乗ることができる仕組みとしています。よりたくさんの人がより気軽に相談ができる環境としてきいてを提供しています。

 

きいてカウンセラーの募集

きいてではカウンセラーを募集しています。毎日多くの人がサービスを利用しており、「悩みを誰かに聴いてもらいたい」との想いで投稿してくれる人がとてもたくさんいます。しかし悩みを話したい人がたくさん利用している一方で、「誰かの相談に乗りたい」という人の割合は少ない状況となっています。

サービス内のすべての投稿に対してたくさんの共感やコメントがつくことが理想ですが、話を聴いてくれる人が少ないと「投稿したのに誰も聴いてくれなかった」という状況が生まれてしまいます。

それを改善するために、悩みを聴く専門家としてきいてカウンセラーという制度があります。利用者の投稿に共感やコメントをする専門家のことをきいてカウンセラーと呼びます。

きいてカウンセラーとして活動している人は既にいますが、活動する日や時間は不定期です。そのため投稿された悩みに対してすぐに返答ができないことも多い状況となっています。

悩みを抱えている人に早く丁寧な対応ができる環境を作るためには、きいてカウンセラーの人数を増やす必要があります。よりたくさんの人にきいてカウンセラーとして活動していただけると、相談者が投稿した内容すべてを「聴く」体制が整います。より多くの相談者の不安やモヤモヤを軽減させるために、現在もきいてカウンセラーを募集しています。

きいてカウンセラーは専門の相談員としてSNSカウンセリング業務に取り組んでいただきますが、細かい制約はありません。困っている人の助けになりたいと考えている方であれば誰でもきいてカウンセラーになることができます。心理・医療系の専門家でなくとも、家事や仕事の片手間に少しだけ空き時間がある人でも大丈夫です。

電話相談のボランティアではなく、投稿された内容にコメントすることが基本の作業となるためスマホかパソコンがあれば誰でも簡単に始めることができます。24時間いつでも都合の良いタイミングで利用でき、完全リモートなので家にいながら在宅できいてカウンセラーとして活動することが可能となっています。

悩みを抱えている人の力になりたい方、人と関わるのが好きで時間を持て余している方など、興味をお持ちいただけた方であればどなたでも、このページの下部リンクからきいてカウンセラーへご応募ください。

 

きいてカウンセラーの種類

きいてカウンセラーは3種類に分かれています。

  1. きいてプロカウンセラー: 臨床心理士やSNSカウンセラーなどの専門的な資格をお持ちの方
  2. きいて認定カウンセラー: 心理系の資格をお持ちの方・きいてで実績のある方など一定の条件を満たした方
  3. きいてアマチュアカウンセラー: 誰かの相談に乗りたいと考える方なら誰でも

現在、1〜3いずれかの条件に合う方をきいてカウンセラーとして募集しています。

 

きいてカウンセラーは無償ボランティアとしてご応募を受け付けております。きいてはカウンセリングとしての質の高さだけでなく、ただ話を聴いてくれるだけの「普通の人」もカウンセラーとして必要であると考えています。資格の有無などによって分類はしますが、興味のある方であればどなたでもボランティアの応募が可能です。

サービス利用方法について「こうしてください」という厳密な指定はしていません。ボランティアになるための研修費などもかかりません。きいての利用は完全に無料なので、きいてサービス内で費用が発生することはありません。利用規約や簡単な注意事項をご理解いただき、問題がなければきいてカウンセラーとして活動することが可能です。

 

きいてプロカウンセラーなることができる方

きいてプロカウンセラーになることができるのは専門的な資格をお持ちの方のみとなります。対象となる資格の例は以下となります。

  • 臨床心理士
  • 公認心理士
  • SNSカウンセラー
  • プロフェッショナル心理カウンセラー
  • 産業カウンセラー

 

きいて認定カウンセラーになることができる方

きいて認定カウンセラーになることができるのは、対象となる資格をお持ちの方や心理学についての知見や経験がある方となります。以下が例となります。

  • メンタル心理カウンセラーや心理カウンセラーベーシックの資格をお持ちの方
  • その他、日本能力開発推進協会(JADP)や民間企業等が認定している資格をお持ちの方
  • 心理系の学問を専攻している大学生や大学院生
  • きいてを利用して定期的に相談者の話を聴いている方

 

きいてアマチュアカウンセラーになることができる方

きいてアマチュアカウンセラーは誰かの相談に乗りたいと考える方であれば基本的にどなたでもなることができます。特に以下に該当する方は積極的に応募を受け付けております。

  • 誰かの役に立ちたいと考えている方
  • 人のためになることをしたい方
  • 不安やモヤモヤを解消する手伝いをしたい方
  • カウンセラーとしてSNSカウンセリングを体験したい方
  • 心理・介護・医療などの分野の知見がある方
  • 学生や主婦など、不定期に空き時間が発生する方
  • 珍しいボランティア活動をしたい方
  • 人と関わることが好きな方

相談員の方への負担を減らすため、きいてカウンセラーになった方は1対1のメッセージのやり取りができない仕組みとなっております。それ以外の、共感やコメントや返信などの機能は一般ユーザーと同じように利用可能です。きいてカウンセラーの方が悩みを投稿しても問題ありません。

※ただしカウンセラーとして不適切な使い方をした場合は、きいてカウンセラーの権利がなくなる可能性があります。

 

ボランティアのメリット

きいてカウンセラーは基本的に無償のボランティア相談員として募集をしていますが、相談員として活動していただくことにはメリットがあります。

  • 人の役に立つことができて生きがいを感じられる
  • 人の心を救うことで社会に貢献し、日本の未来を作ることができる
  • 人を助けたり親切にすることで自分自身が幸福感を得られる
  • 完全在宅で24時間いつでも作業ができる
  • ボランティア活動をしたという実績が得られる
  • 自分とはまったく違う環境や考え方の人と関わることで他人への理解度が深まる
  • 多くの悩みに向き合うことでカウンセラーとしてのスキルや傾聴力が身につく
  • カウンセラーとしてSNSカウンセリングを体験できる

 

きいてカウンセラーに応募する

現在きいてカウンセラーを募集しています。ご興味をお持ちいただいた方はぜひご応募ください。募集の範囲は広くボランティアの人数制限などもしていませんので、ボランティア活動やSNSカウンセリング興味にある方などどなたでもご応募いただけます。

きいてがどんなサービスなのか詳しく知りたい方は、きいてもしくはきいてコラム記事などからご確認いただけます。

ご不明点がある方はこちらのフォームからお気軽にお問い合わせください。

タイトルとURLをコピーしました